激しく演奏をするミュージシャンによくある頚椎ヘルニア

頚椎ヘルニアは、同じ姿勢を長時間取る職業に就いている人や、身体のひねりを伴うスポーツをしている人に多いと言われています。

また、急に身体に強い衝撃を与える動作を行った場合も頚椎ヘルニアになることがあります。

もちろん、芸能人であっても頚椎ヘルニアになる人は多くいます。

有名なのは、XJapanのYOSHIKIさんですよね。

よく首にコルセットをしてドラム演奏をしていましたし、頚椎ヘルニアが原因で何度もライブ中止を余儀なくされていました。

激しいドラム演奏を続けていたことで、頚椎ヘルニアになったと考えられます。

頚椎ヘルニアご支援サイト(http://www.kansasgoodsam.org/)には日常における動作で注意する事柄の紹介がありますが、頚椎ヘルニアになるとふとした動作でも症状の悪化に繋がるのだとわかります。

日常生活がそうなのですからドラム演奏のような、特に激しく動作をする事は控えた方がよいとなってしまいますよね。

また、指揮者の小沢征爾さんも頚椎ヘルニアになったことで有名です。

曲目によってゆったりと指揮をする場合もあれば、激しく指揮をする場合もありますが、小沢征爾さんほどの人気有名指揮者になると、指揮をする演奏会も増えるため、やはり身体に大きな負担がかかったのだと思います。

このように、頚椎ヘルニアはミュージシャンなどの音楽関係の仕事をする人にも多く見られます。

Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.